読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜(神奈川)DTMスクールブログ

横浜(神奈川)にあるDTMスクールのブログです

DTMで高クオリティのKICKを使う-DTM_FileVol.2

皆さん楽曲を製作する際に思った通りのKICKの音が鳴らず頭を悩ませたことはありませんか??どれだけコンプやEQで音を作り込んでもCDのような迫力のあるKICKの音を鳴らせないことはよくある事です。

 

KICKの音はオーディオファイルに頼る

DTMに内蔵されているものだけでもKICKの音色は山ほどあります。もちろん中には使える音色ファイルもありますが、理想の音に近づけるの中々難しいはずです。理想が高ければ高いほど納得がいかない事も多いはずです。では、なぜ理想の音にならないのか?それは元々のKICKの録り音が違うからです。

 

素材を買ってしまう

そこで、理想の音にならなかった場合は思い切って素材を購入してしまう事をオススメします!!

f:id:yokohama_dtm_school:20170207184351j:plain

DTMの音素材が手に入るサイトで自分が気に入った音色を耳で選んで購入してしまいましょう。ちゃんと視聴できるので、購入後はDTM上に貼り付ければすぐに理想の音が手に入るはずです。ずっと悩んでいた事がバカらしく思えてしまいますね…泣

 

一度良い音色のKICKを見つけてしまえば後はそれを使い回すだけ

自分が気に入った音色を手に入れた場合、たくさんの曲でそのKICKを使ってみましょう。また、いくつかのパターンに分けて使いこなすのも1つの手です。

例えば、ダンスミュージックにはKICK1の音色ファイル、アコースティックにはKICK2の音色ファイル。この様にして自分の気に入った音色ファイルを頭の中に入れておくだけで作業は格段に早くなり、尚且つクオリティも上がっていくのです。

 

オーディオファイルはギター音源等の生楽器系にも重宝する

DTMで楽器を製作する際にギターやブラスなどはmidiファイルで打ち込む事に適していません。演奏されている生感が失われてしまいがちだからです。どうしてもぎこちない音になってしまいやすいのです。そういった時にもオーディオファイルは活躍します!KICKと同じ要領で音色ファイルを使用すればよりスピーディーに高クオリティの楽曲が製作できるはずです。皆さんも是非試してみて下さい。

DTMを学べるボーカルスクール